映画『帰ってきたヒトラー』感想(ネタバレなし)

 

 

 映画『帰ってきたヒトラー』が良かったので書く。

 小説の映画化としてかなり成功していると思う。

 

 かなり変わった映画だった。

 ヒトラーの復活以外には、ファンタジー・SF的な要素が全くない。それ以外はあくまでリアルに、実際の人物名や政党名、地名などを交えて説得力を持たせている。

 マジックリアリズムの一種なのかな。

 コメディ的な悪夢がどんどんと日常を覆っていく様子が圧巻。

 映画では、さらに実際に現代のドイツ国民にインタビューをするというドキュメンタリー要素も取りいれており、この「悪夢が日常に入ってくる」描写は原作よりも迫るものがある。

 楽しい夢だと思っていたらいつの間にか悪夢に変わっている恐怖。最初笑ってた観客も笑えなくなる。

 

 

 このドキュメンタリーの部分だけでもかなり画期的でおもしろい。 

 ヒトラーに扮した人物が各地をインタビューして回るだけでも傑作ドキュメンタリーが作れると思う。これは、ヒトラーというアイコンが強烈だからできることだろうなと思う。東条英機に扮する人物が日本でインタビューしてもこんなに面白くはならないはず。

 そして最後はなぜかボロボロに泣いてしまった。

 この映画を観て泣く人はどれくらいいるのだろうか。

観終わった直後はなぜ泣いてしまったのかイマイチわからなかったけど、少し頭が整理されてきて、自分が泣いてしまった理由が少しわかってきた。(続く)